安全に業務を進めるための作業服の重要性

業種や職種によっては、業務の際の服装が指定されていることがあります。多くの飲食店では、店員がエプロンをつけています。営業マンならば、スーツを着る方が多いでしょう。他に、製造業に携わる方が着ている作業服も制服の一種です。

なぜ制服を着るのか?

なぜ仕事をする際に決められた制服を着なければならないのか、考えたことはあるでしょうか?制服にはさまざまな役割があるため一概には言えませんが、少なくとも業務を円滑に、支障なく進めるために用意されていることが多いです。

例えば、飲食店はお客が直接食べたり飲んだりするものを取り扱っています。もしも食中毒が発生してしまったら、店舗の営業を維持することが難しくなります。そのため、とりわけ衛生に気を配らなければなりません。食べ物や飲み物にゴミや髪の毛など、余計なものが混ざっていた場合はクレームにも繋がります。このような事態を避けるためにエプロンを着用します。

スーツを着る営業マンの割合が多いのは、スーツを着ることで、しっかりと身だしなみを整えているビジネスマンという印象を与えられるためです。第一印象を良くすることで、契約をとりやすくなります。

作業服の役割

製造業で着用する作業服も同様に、業務を円滑に進めるために重要な役割を担っています。

作業服を着る一番の理由は、従業員を危険から守るためです。製造業では、日常では使わないような機械を利用します。そのような機械の中には、使い方を誤ることで大きなケガに繋がる危険なものもあります。

袖の広がった服では機械に袖が巻き込まれてしまうかもしれません。肌が露出した服では、作業中に機械が肌に擦れてしまうかもしれません。いずれも大ケガに繋がる可能性があります。製造業では、機械を正しく使えるような作業服を着用させることで、従業員のケガを防ぎ、安全を守っています。

作業服を着て仕事をするのは製造業だけではありません。建設業や運送業など、幅広い業種で採用されている制服が作業服です。耐久性が高いだけが作業服の特徴ではありません。さまざまな機能があります。火を扱う業種では防炎タイプ、電気を扱う業種では帯電防止タイプなど、業種により異なる機能のものを着用します。購入する際は、効率的に業務を進めるうえで、必要な機能を備えたものを選ぶようにしましょう。

作業服は、日々コア業務に追われて忙しい中で、販売している実店舗まで直接足を運ばなくても、通販ショップで購入できます。

こちらのキンショウ本店の通販ショップでは、上下セットの作業服を取り扱っているため、これから新しく作業服を用意する企業様でもご利用いただけます。ジャケットやパンツ単品での購入も可能です。いずれか一方のみを買い替える予定であっても、ぜひご利用ください。

製造業、建設業、運送業はもちろん、そのほか鉄工業や溶接業などに携わる方々の安全を守るためにも適した商品が販売されています。機能やタイプ別に探すこともできるため、業務用の制服として着用できる作業服がないかどうか、ラインナップを確認してみてはいかがでしょうか?