社宅管理代行がやってくれるサービス内容とは?

社宅管理代行は、物件の手配や斡旋・契約手続き・更新手続き・解約時の精算・入居者のライフサポートからデータの管理を行います。社宅の管理に関するすべての業務を企業に代わりに代行するアウトソーシングサービスです。 企業は管理をプロに任せることで、社宅管理業務の効…

従業員の福利厚生にはどんなものがあるのか

福利厚生制度とは、従業員とその家族にも使える何らかのサービスのことをいいます。 以前はよくありました。 会社がリゾート地を持っていてそこを自由に無料で使ってもいいなどのサービスです。 会社それぞれによって違うサービスが多いでしょう。 残業の多い会社で仕事が終わ…

AIが製造業の現場で活躍しています

AIが製造業の現場で各種装置に活用されています。人手では経験を要する複雑な製品であっても、人工知能を活用していけば、スピーディに生産を進めることができるものです。 製品によっては、熟練した職人でないと対応できないものも多いのがものつくりの現場の特徴でもありま…

新しいものづくりを可能にするデジタルファブリケーションとは?

デジタルファブリケーションとは、3Dプリンター等の工作機械を用いて、単一スペックに対して従来よりも非常に低い初期コストで立体デザインや製品が製作できるシステムです。 このデジタルファブリケーションはものづくりのありかたを根本的に変えるといわれているのですが、…

中間管理職のマネジメントが難しい理由

中間管理職のマネジメントは、一昔前と比べると格段と難しくなっています。なぜなら、セクシュアルハラスメントとかパワーハラスメントというような概念が入ってきており、少し誤ると取り返しのつかない事態を引き起こすことに繋がってしまうからです。 このことは、もちろん…

会計の基礎知識は経営に必須。売掛金と買掛金とは?

会社経営で必要な会計の知識には、細かいルールがあります。よく発生する過剰科目に売掛金と買掛金があるので、この違いを把握しておきましょう。まず売掛金は、こちらが商品を販売した代金を、翌月以降に支払ってもらうときに使用します。お金を払ってもらう権利があるという…

経営層である代表取締役と社長の違い

代表取締役と社長は一緒の役職ではありません。社長であるからといって必ずしも代表になるわけではありません。会社を代表して契約業務や株主総会、取締役会などを行う人が社長である必要はないからです。よって社長は取締役の一人として経営に携わる立場にすぎない場合もあり…

企業において法令と就業規則どちらが優先するか

労働時間や賃金など労働条件で基準になる就業に関する規則ですが、会社は必ず定める義務があるのでしょうか。一体その根拠はあるのでしょうか。実は定める必要がない会社もあります。その根拠は労働基準法の89条にあり、常時10人以上の労働者を使用する場合は定める義務を負い…